スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海底軍艦

 kaitei300.jpg


 お久しぶりだねっ!今回は東宝の特撮映画「海底軍艦」を見たので、そのコトについて懇々と…。

 ストーリーの解説をするYO!
 かつて海底に沈んだ超帝国・「ムウ帝国」が、全世界を我が物とせんと、再び動き出した!何万年も海底で生きてたんだね~。わーすごいすごい(棒読み)。
 ムウ帝国は、住人が全員腰みの姿だったり、変な踊りをやってたりと、バカに偏った異民族観が満載の帝国なんだけど、実力はけっこうスゴイ。レーザーを放つ潜行艇とか、ビル街を一気に陥没させる技術とかを持つムウ帝国に、人類はなすすべが無い!
 しかし、人類側にも奥の手はあった!太平洋戦争末期あたりから、神宮寺大佐なる人が秘密裏に建造していた、「海底軍艦」(ポスター中央)!空、海、地上、地中、全て思いのままに疾走できるスゴイやつで、どう考えても「宇宙戦艦ヤマト」の元ネタ。これがあればムウに勝てる!勝てるぞぉ!しかし、神宮寺大佐は「これは大日本帝国再建のために造ったんだぜ!世界を救うためなんかに使えるかヴォケ!」と言い張って聞かない。あのなぁお前、ムウ帝国ほっといたら日本も滅ぶんだぞ?そんなんじゃ再建もナニもないでしょーが。アタマ~イケル?(古い)しかし、そんなカタブツ大佐も、自分の娘の涙とか、その娘とフラグが立ちかけている男の説教とかに負けたのだった。大佐、意志弱っ!
 んでもって、遂に海底軍艦出撃!一方、ムウ帝国側は、拉致してきた日本人に逆に皇帝(美人)を拉致されたりして、かなり調子悪い。っていうかどう考えてもアホ。しかし、海底軍艦に思わぬ敵が登場。ムウ帝国を守護する巨竜・マンダ(ポスター右下)が立ちはだかる!海中にて、海底軍艦とマンダの大決戦!
 
 「マンダの しめつける こうげき!」 「こうかは いまひとつのようだ」

 「海底軍艦の 10まんボルト!」 「こうかは ばつぐんだ!」

 「海底軍艦の ぜったいれいど!」 「いちげき ひっさつ!」

 「マンダは凍死した」

 …って、弱っ!マンダ弱ぁっ!!!戦闘時間、約2分ですよ!2分!ちなみに、戦闘描写はだいたいあってます。
 あとは、ムウ帝国心臓部に突入して、人間を「れいとうビーム」でガンガン凍らせて(鬼畜)、動力炉を爆破。皇帝が入水自殺(オイオイ)したところで、映画は終了。

 …なんか、ムウ帝国が可哀想になってくる映画ですケド、海底軍艦のデザインは文句なしにカッコイイので、それだけでも一見の価値はアリかと。とにかく、今すぐレンタル屋へ!個人的には大好きな映画なんで。では失敬。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

仕事を選べないミク

 ur20080313.jpg

 言いたいことはタイトル通りです。ええ、本っっっっっ当に最近ミクは仕事を選べない。まあ、ユーザーのニーズによりミクの有り様は変わってくるモノだからしゃーないんだけどね…。

 しかしまあ、ヒドイ歌歌わされたり、キーボードクラッシャーと共演させられたり…。ミクも大変だ。そしてUP主は病気だ。

 …とここまで言ったけど、別に嘆いてるわけじゃないんだよね。むしろ喜んでる感じ(人間失格)。
 ヒドイ!だからイイ!
 もうこれは、全人類の共通認識じゃなかろうか。人間、勤勉に越したことはないけど、たまには思う存分はっちゃけることも必要だよね。人間なんて所詮邪念の塊なんだから、別に悪いコトじゃござんせんぜダンナ(ずっと気になってたが、どこのダンナだ)。

 それに、ヒドくてイイ曲は実は数多く存在するんですよ!今回はその中でも選りすぐりの二曲を紹介したいと思うんだぜ!

 1.くるみ☆ぽんちお
 これは最近ノリに乗ってる曲。聞いてみりゃわかるから概要は言わなくていいと思うけど、とりあえず「くるみ☆ぽんちお」を逆に読んでみなよ。それで全てがわかる。…さん、はい!

 …今読んだヒト何人いる?何人でも良いけど、…ヒドイよね?これ…、タイトルからして。歌詞だって、出だしから「どぅっびどぅっびちゅっぱっぱー どっぴゅどっぴゅどっぴゅいぇーいぇー」だもん。でもまあ、UP主曰く「ミルクのことだからな!」らしいから、良しとしよう!(良いのかそれで)でもまあ、UP主からミクに対して、歌うの禁止令が出たらしいケドね…。まあ面白い曲だから聞いてみてよな。

 2.脱げばいいってもんじゃない!
 かの有名なデッドボールPの、確か最新曲。エロ本の読み過ぎでアタマがAV脳になっちゃってる彼氏を、彼女が罵倒するという内容。そりゃあ、「アレの日は口でして」とか「いつになったら潮吹くの?」とか言われたらムカツクわなぁ…。でも、彼女はそんな彼氏がなんか憎めない…。「なんでこんなダメ男がいいかな」と思いながら、むしろ大好き!そんな繊細な乙女ゴコロを見事に表現した珠玉の一曲です!まあ…ヒドイけどね。でもそれもまたデッドボールPの魅力!っていうかそれ以外に魅力無し!(そこまで言うか)



 とまあ、ここまで言いましたが、まだまだありますヒドイ曲。あまりの多さに、俺の右脳は「もうらめぇ!」と悲鳴を上げまくっているぜ!みなさんもぜひ研究してみて下さい!

 …最後に、ヒドイ話二連発してサーセン。俺の最近のツボが「下ネタ」なんで。本っっっっっっっっっっ当にサーセン。では失敬。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

氏家先生バンザイ!

 最近俺は、氏家ト全の漫画にハマっているんだぜ!。氏家ト全とは、あっさりゆったりしたほのぼの絵で、しれっと下ネタギャグを連発してくる恐るべき漫画家である。でも大好き★

 まあ、読んだことあるのまだ二作品だけどね。ひとまずそれについて今回は懇々と語らせてもらいますぜダンナ(覚悟はしなくていい)。

 まず一つ、『妹は思春期』(ヤングマガジン)についてご紹介。

 comics_intro_imoutohasisyunki_11.jpg

 主人公は高校二年生の城島シンジ。と、一年生の妹カナミ。二人は何故か両親が不在の家で二人暮らしをしているのだが、別に大してナニなコトは起こらない。しかし、要所要所でカナミがしょーもないエロボケ(鼻血出した兄にタンポンを差し出す…とか)をかますため、シンジは四六時中とにかくツッコミ続ける…というお話。他にも、カナミのクラスメートでこれまたツッコミ役のアキとか、彼氏とヤってる話しかしないショーコ、あと大人の下ネタを連発する小宮山先生など、多彩なキャラクターたちが笑いを盛り上げる!

 …とまあここまで言ったけど、ネタに関しては、「ヒドイ…(汗)」の一言。誰に聞いても誰もがそう言う。俺としては誉め言葉として言ってるんだケド、俺のリア友のO君曰く「終始真顔だった…」そうです。面白いのにねぇ…。やれやれ、これだからゆとりは。
 皆さんは絶対読んでみて下さい。絶対面白いんで。

 次は『生徒会役員共』(少年マガジン)。

 384030-1.gif

 これは、現在好評連載中。
 少子化の影響により共学化した女子校・桜才学園に入学した主人公の津田タカトシ。その年からの共学化だったため、当然学園内はハーレム状態。そんな中、ひょんなコトからタカトシは生徒会に入ることになるのだが、そこにはかなり異端な濃ゆい女子ばかりで…、というお話。基本的には『妹は思春期』とノリは同じ。ただ、少年誌と言うコトもあってか、下ネタのヒドさは若干抑えられている感じだけどね。その分、幼児体型を気にする会計とか、男性恐怖症の風紀委員、とにかくピュアな柔道少女とか、とにかく個性が際立つキャラが数多く登場してて、漫画としての味わいは深くなったと思う。ぶっちゃけ、俺もこっちの方が好きだし。そう、一言で言えば、『妹は思春期』にキャラクターの魅力を付け足したパワーアップ版。まあ人間、日々精進して進歩してゆくべきモノだしね。

 最後に、実はこの二作品、俺のリア友の中では圧倒的に支持が少ない!だからこれを読んだヒト、今すぐ本屋さんへゴー!

 ちなみに、クラスの女子に『妹は思春期』貸してみたら異様にウケた。現在3巻貸し出し中(世も末だと思ったヒト手ぇ挙げて)。では失敬。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

モスラ対ゴジラ

mosugoji_2.gif
 
 上のジャケット…書いてあるとおり、「モスラ対ゴジラ」です。このDVDではありませんが、ついこの前記事に書いた「東宝特撮映画DVDコレクション」にて、俺はこの作品を見ました。
 
 軽く内容の解説をば致しますんだぜ!

 台風8号の影響により、巨大な卵が日本に流れ着いた。ハッピー興行とやらが勝手に買い取っちゃったそれは何と、インファント島の守り神「モスラ」の卵だったのだ!何日か経って、インファント島から双子の妖精・小美人がやって来る。この身長30センチの双子を演じているのは「ザ・ピーナッツ」という双子デュオで、平たく言えば元祖双子アイドル。ルックスはマナカナ程度だけど、マナカナの数百倍歌が上手い。で、その小美人たちがハッピー興行の社長に「お願いします、卵を返して下さい」と声をそろえて頼むのだが、結果は「だが断る!」。危うく見せ物にされかかった小美人たちは、仕方なくインファント島に帰る。しかし社長ひでぇ…。人間じゃねぇ…。

 そんな中、唐突にゴジラが出現!市街地へと侵攻し暴威の限りを尽くす。で、相変わらず自衛隊は何の役にも立たない。そこで、人間たちはなんとモスラに助けを求めることに!卵返してないのに手前勝手な話なのは百も承知。今は命が懸かってるんですよ奥さん。しかし、インファント島はどっかの国が行った核実験でズタボロになっており、島民たちはそれをかなり根に持っていた。なので返答は当然「だが断る!」。そりゃそうだわなぁ…。島、ほぼ岩だもん。でもまあ、必死の説得により、遂にモスラ出陣!でもこのモスラ、そろそろ寿命が近づいてきている、いわばババアらしい。…おい、本当に大丈夫かよ?

 そして、何だかんだでモスラ対ゴジラ。戦況はモスラがかなり押している。足で目ぇつっついたり、毒鱗粉でのたうち回らせたりと、かなりエゲツナイ戦法で圧倒していますぜダンナ。しかし、ここでなんとモスラに寿命が来た。モスラ死去!モスラァァァァァァァーーーッッ!!!ゴジラはそのまま再び街へ。自衛隊はどうやら特殊帯電ネットと人工雷装置のコンボ攻撃で逆襲を図るつもりらしい。ちなみにこれはかなり手応え有り。三千五百万ボルトの電流に、ゴジラはかなりしんどそうだ。勝てる!これなら勝てるぞぉぉぉ!もっと電圧上げろー!何ィ、電線切れた?アホか、お前等ーーーっっ!

 というわけで、万策尽きた人類。しかしここで大どんでん返し。残された卵からなんとモスラの幼虫が誕生した!イモムシみたいな双子の幼虫は、口から吐くまゆ糸でゴジラをがんじがらめ。海に転落させた!勝ーーーーーー利っっっ!!!島へと帰っていくモスラ幼虫。いやあ、めでたしめでたし。

 …というのが大体のストーリー。ツッコミどころ満載に見えるのは、俺の説明が下手なせいだと思う。実際これはスゴク面白い映画なんですよ!特に、親モスラとゴジラのハイスピードの空中戦は、今見ても見応え抜群!度肝を抜かれること間違いなし!ビデオ屋に行ったら余裕でDVDあると思うので、興味を持たれた方、ぜひ見て下さい!(この説明じゃ無理か…?)では失敬。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

10019274490_20070912204000.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。