スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾーン!ゾーン! ぼくらのなかま

             ゾーン1



 ごぶさたです。みらぁまんです。
 何か半年くらい放置プレイしていたような……まあ誰も困らんケドね。

 さて、よもやまと言っておきながらただの特撮専門になりつつある当ブログですが、今回は70年代の特撮ヒーロー「流星人間ゾーン」について紹介しようと思う。

 流星人間ゾーン。何年にやってたかは知らん(おい)。とにかくあの怪獣王ゴジラを生み出した大手「東宝」が手がけた初のテレビヒーローものなんだよね。っていうか実際にゴジラが出てくる。

 ストーリーを掻い摘んで説明すると、遠い銀河系に「ピースランド星」っていうありえない名前の星があったわけよ。でもその平和は悪魔の星(これもありえん)「ガロガバラン星」によって一瞬にして破られるわけだ。惑星間弾道弾をバカスカ撃ち込まれてピースランド壊滅……生き残りが地球にやってくるわけだよ。一方ガロガは地球を第二の征服目標と定め、怪獣を詰めた「恐獣ミサイル」を地球に向かって撃ち出してきた。地球危うし。
 そこで、地球に来たピースランドの難民が、果敢にもガロガに立ち向かっていくというお話。ちなみにその難民ファミリーの名前が「ゾーン」。流星人間っていうのは、まあ漂流民ぐらいの意味だね。

 チャンネルNECOでやってたから観てみたんだけど、これがなかなか面白い。とにかく奇抜だしね。
 ゾーンファミリーは、兄、妹、弟、父、母、爺さんの六人構成で、子供三人が超人に変身できて、こいつらが毎回闘う。
 変身の掛け声: 「ゾーン・ファイト!パワー!」
               ゾーン2

 上が彼らの変身した姿。真ん中が兄「ゾーンファイター」、右が妹「ゾーンエンジェル」、左が弟「ゾーンジュニア」です。
 ……まあ、ファッションセンスに関してはほっといてあげてください。イッツ・ア・時代の限界。
 ちなみに兄のファイターだけには巨大化能力が備わっていて、いざ恐獣(この番組での怪獣のこと)が出現したら、身長60メートルに巨大化して闘うのだ。そのかけ声が……
  「ゾーン・ダブル・ファイト!」
               ゾーン3

 デーン!……あ、ちょっとだけマシだ。

 さて、これでファイターと恐獣の戦いが始まるわけなんだが……久方ぶりの更新で疲れた……。
 今日はこのくらいで勘弁してやるか(自分をね)!
 ゾーンファイターの戦いっぷりはかなり味があって良いです。っていうか鬼ち……モゴモゴ。
 その他にもこの番組の魅力はたくさんあるので、これから追々紹介していこうと思います。いちいちここに来るのが面倒くさい人は、どうぞテレビで観て下さい。火曜の20時からチャンネルNECOでやってるんでね。

 これからはゆっくり行きましょう。あんまり調子に乗るとガス欠になるんでね……。
 では失敬。
 
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

みらぁまんとミラーマン そのさんっ

          ハレーション


 どーもど-も、「みらぁまん」です。これまでにも2回お送りしてきたミラーマン特集も、今回で最後!(ああ…、みんなの安堵の溜め息が聞こえる…)張り切ってイキたいと思います。

 今回は、全51話、約4クールという長大なスパンで製作されたミラーマンの、クールごとの変化についてご紹介。ちゃんとクールごとに芸風が変わってるから面白い…。

 第1クール
 番組最初期の頃ですね。出だしということもあって、円谷プロもなんか気合いが入りまくってます。それも変な方向に。そのため、通常のヒーロー番組とは一線を画した奇抜な戦闘描写が多く見られたりした。例えば、「ジャンプキックに残像」、「影分身しながらテレポート」(上写真)とか、「怪獣をフルボッコ中に光が出る」とかそんなのが結構出て来ます。主人公がそんなんだから、怪獣もなんかデザインが奇抜。そう、前回言ったように。

               キティファイヤー

 ご存知「火炎怪獣キティファイヤー」です。ヒトデじゃございません。火炎です。
 あと、全体的に暗い。敵のインベーダーの侵略してくる感じも真面目に怖いし、主人公の京太郎はヘタレだし。それから、ミラーマンとは共闘関係にある存在で、「ウルトラマン」における「科学特捜隊」に相当する組織である「SGM」っていう組織があるんだけど、「武器は科学だ」がモットーなので基本闘わない。戦闘は大体自衛隊とミラーマンに任せてる。調査担当って感じでストイックなのでかっこいいんだけど、やっぱ地味。
 そんな感じで、全体的に玄人向けな第1クールでした。


 
 第2クール 
 率直に言うと、ここらで怪獣のアイデアが尽きてくる。第1クールのような変態チックな魅力を持つ怪獣は、もう造れなくなってしまったわけだ。なので自然と、もっと一般的なタイプ…そう、ワニのような口とゴツい体格を持つ「恐竜型」の怪獣にシフトしてくる。
 そのうちの一つ。「古代恐竜アロザ」

             アロザ

 ソフビ人形の画像しかなくてサーセン。本当は青色です。でも、これだけ見ても大分一般的になってきたのがわかるでしょう?そのためか、第2クール以降の怪獣はやたらと強い。自衛隊では到底歯が立たないし、SGMが勝てるわけがない。だから、それとともに戦闘の演出とかドラマも手が込んでくる。例えば、「目が見えない状態での決着」、「爆煙の中からとどめの光線」、「主人公が警察に捕まる」とかね。でも、インベーダーたちはあんまり怖くなくなった。全体の雰囲気もだんだんチープになってくるし、「もうここまでかな…」と思ったりもしたね。しかし!第2クール最終の第26話で衝撃の展開。なんとSGMの基地が全滅!隊員の生死は不明!
 おいおい大丈夫なのか。そんな動揺と不安を抱かせつつ、物語は第3クールへ…。



 第3クール
 折り返し地点。ここで番組は一つの転機を迎える。死んだかと思われたSGMの隊員は全員生きていたのだが、ここでなんと、SGMが戦闘機を導入!その名は「ジャンボフェニックス」!

       ジャンボフェニックス

 上の写真は実際の映像ではないのだが、本編でこれを初めて見たとき、俺は本能的に思ったね。
    「か…かっこいい…」
 大空を駆ける勇姿!三機分離の妙技!そして忘れられないテーマ曲!もうおわかりであろう(いや、わかんないか)。この瞬間をもって、「ミラーマン」という作品は、「玄人向けSFドラマ」から、「一級SFエンターテイメント」へと変身を遂げたのだ!なんという思い切った路線変更…。それでいて、ドラマとしての質の高さは少しも衰えていない。むしろ、展開にキレが出て来た感じ。怪獣も、さらにスケールがでかく、派手になってくる。

               ペアモスキング

 どうよ?「巨大双頭怪獣ペアモスキング」。ちなみにまだ最終回ではありません。なのにこの迫力!スゴイ!スゴすぎるゥ!
 ミラーマンの必殺技も、以前は「シルバークロス」というでかい光線技の一点張りだったのだが、新たに「ミラーキック」という技が加わりました。こんな感じです。

            ミラーキック

 この技は、後に「ミラクルキック」という技に昇華し、「シルバークロス」と共に最終回まで使われます。
 それから、ミラーマンに「エネルギー時限爆弾」というものが付きます。インベーダーによって体の奥深くに埋め込まれたそれは、ミラーマンが限界までエネルギーを使うと、大爆発を起こすという厄介なシロモノ。これによって闘いにタイムリミットのようなものができ、番組はスリル満点になった。
 こんな感じで、第3クールはとにかく波瀾万丈。



 第4クール
 いよいよ物語も終盤。ここにきて、インベーダーの侵略が本格化してきます。「インベーダー地球移住作戦」、「地球人の新兵器を怪獣に装備」、「UFOを使っての要人誘拐作戦」などが、ミラーマンとSGMを襲います。そして、第49話。ミラーマンのエネルギーを吸い取ってしまう最強怪獣「イエズ」が破れた時、インベーダーは最後の作戦を開始する。
 それはなんと、「インベーダーの母星を衝突させて地球を破壊し、インベーダーの惑星が地球に成り代わる」というもの!
 

 刻一刻と迫る地球最後の日!絶望に包まれる地球人!人類最後の希望・「反引力装置」!それを破壊せんと出撃する驚異の二大怪獣・「エレキザウルス」と「デッドキング」!激闘の最中、エネルギー時限爆弾は臨界寸前!
 地球の運命は。人びとの未来は。そして、京太郎の選択は…。




 …と、こういう話を前後編でやって、「ミラーマン」は幕を閉じます。チャンネルNECOで再放送を見続けてきたこの一年間。リアルタイム世代でもないのに、俺はミラーマンの一挙一動にいちいち一喜一憂し、高校生なのにまるでチビジャリのように夢を見続けた。ああ、ミラーマン。一年間本当に有難う。キミがいなかったら、俺の人生はつまらないものになっていたかもしれない。キミに出会わせてくれたテレビ局と運命に、感謝感激雨あられ!


 長々とおつきあいいただき、ほんっとサーセン。次回からは、また別の企画がスタートする予定です!お楽しみに!(無体な要求)では失敬。

 



 

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

みらぁまんとミラーマン そのにっ

           アイアン


 はいどーも、お久しぶり。みらぁまんです。今回は、前回に引き続き「ミラーマン特集」でイキたいと思います!植草一秀とは何の関係もねぇって言ってんだろこのダボハゼがぁっ!!!

 …はあはあ。では気を取り直して、今回はミラーマンの怪獣について語りたいと思うんだぜ!

 ウルトラマン怪獣とは違った怪しい魅力を持つミラーマンの怪獣。特に1クール目…1~13話の怪獣はもう奇怪としか言いようがない!だがそこにシビれる憧れるゥ!

 例えば上の写真。第1話に出て来た怪獣で、その名も――

 「鋼鉄竜アイアン」

 「どこがやねん!」と思ったヒト、挙~~~手っっっ!うん、こっからは見えないけど多分いっぱいいるわ。
 まあ、そう思うのも当然。名前なんて多分テキトーにつけてるし、その見た目も、モチーフが何なのか全く見当がつかない!でもナゼか惹かれる不思議な魅力。それがミラーマンの怪獣なんだよ!
 
 他の初期怪獣だったら、例えばこんな感じ。

               キティファイヤー

 第2話に出て来た、「火炎怪獣キティファイヤー」
 どの辺がキティなのか全くわからない。「火炎怪獣」と銘打たれてはいるものの、登場時とか攻撃の直前とかに炎が出るだけで、主要武器はレーザー光線。あげくのはて、第6話に再登場した時には口からシャボン玉を連射するという、ナニがしたいのか今一つ不明な怪獣。でも結構有名。ウチの母親知ってたし。

               ダークロン

 第3話に出て来た「暗黒怪獣ダークロン」
 見た目からしてかなり怖い。何かニヤニヤ笑ってるし。その実力もなかなかのモノで、敵を異次元空間にワープさせて幻影で惑わすという曲者な能力を持つ。あと、アイアンとキティファイヤーはミラーナイフ一発で死んだけど、こいつは二発喰らわさないと死ななかった。ビバ耐久力。まあ再登場時は相当弱体化してたケドね。

               マルチ

 第4話登場の「分身怪獣マルチ」
 これもどの辺がマルチなのか全くもってわからない。ミラーマンの怪獣っていうのは、人間の姿のインベーダーが宇宙船からの光線で怪獣かするんだけど、こいつは初登場時、人間体が分身しただけでこいつは分身しなかった。かなり拍子抜けだけど、第9話で再登場してミラーナイフを跳ね返した時に、こいつの強さを思い知らされた。分身怪獣恐るべし。あ、写真では右手が無いけど、本編ではちゃんとあります。

 
 とまあ、写真があるのはここまで。他にも、「ロボット怪鳥インベラー」、「怪獣ゴールドサタン」、「火炎怪人ザイラス」、「ロボット怪獣ノア」っていうのがいます。どれもビミョーな魅力が素晴らしい!
 しかし、2クール目以降、こういった奇抜な怪獣はナリを潜めてしまうのだ。それについてはまた後日。

 あ、タイトルの「そのにっ」は、読んだことが無いけどタイトルは知っている、某DHAに対するリスペクトです。まあ、どーでもいいけどね。次回も、多分次回もミラーマン特集だと思います。では失敬。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

みらぁまんとミラーマン

                       img_08.jpg


 え~、お久しぶりです。なんか面倒くさくてかなり更新してなかったモノで、出てくるのが恥ずかしいのですが、そこはそこ。頑張ってイキたいと思います、逆にぃ。(今の文章でナニか思うところあったモノ、挙手!)

 去る12月21日、私みらぁまんが一年間見続けていた昔の特撮番組「ミラーマン」が最終回を迎えましたっつーの、逆にぃ。私はこの作品については超リスペクトしてたってゆーかー、逆にぃ。「みらぁまん」という管理人名にしたのも、この作品あってこそなんだぜ!逆にぃ。なので、今の心境は「感無量」これに尽きるね、逆にぃ。

 というわけで、これから数回はミラーマンの特集でイキたいと思ってるんだぜ!逆にぃ。

 ミラーマン。それは、俺らのお父さんがまだ子供だった頃、テレビで大好評放送中だった、円谷プロの特撮番組である、逆にぃ。円谷プロがウルトラマン以外で初めて作った巨大ヒーローモノであり、全51話という長大なスパンで続けられたという、逆にぃ。

 特撮モノなんて全部一緒だろ?と思っているモノ、挙~手っっっ!…ん~結構いるね。そうかそうか…。
 バッカモ~ンっっっ!!!ドゴッ、バキッ、グシャッ、ミラーナイフ!ちゅどーん!!!
 …ふう、爆散させてやったぜ、逆にぃ。同じ特撮モノでも、ウルトラマンとミラーマンでは大分違うのだよ諸君、逆にぃ。ウルトラマンは少々遊びみたいな部分があって、それもまた魅力の一つではあるんだけど、ミラーマンはシリアス!とにかくシリアス!そしてストイック!逆にぃ。ストーリーとしては、1980年代、宇宙からの侵略者・インベーダーが、遂に本格的に地球侵略を開始した。新聞記者である鏡京太郎(かがみ・きょうたろう)は、育ての親である科学者・御手洗(みたらい)博士から、自分は二次元の人間と普通の人間との間に生まれたハーフで、ミラーマンなのだという驚愕の事実を告げられる。そして、京太郎は自らの運命に戸惑いながらも、インベーダーが送り込む怪獣に命がけの闘いを挑んでいく…という感じ、逆にぃ。

 インベーダーというハッキリした敵役がいるトコロとか、その侵略模様が微妙に怖いトコロとか、主人公の京太郎が基本的にヘタレであるトコロとかが、ウルトラマンとの主な相違点なんだが、ここで俺が例示しておきたいのは一つ。決め技の多さなんだよ!逆にぃ。


                              31ff89749ee872a2み

 真上の写真は、イチバン有名な必殺技「ミラーナイフ」。東方の咲夜さんみたいな光弾を手から発射するぞ、逆にぃ。
 
 他にも、相手を縦に切断するカッター光線「スライサーV」
     横に切断する「スライサーH」
     脚が発光して敵を蹴る「ミラーキック」 パワーアップ版の「ミラクルキック」
     相手の首を斬るカッター「必殺水平切り」
 それと、最強の威力を持つ「シルバークロス」(この記事の一番上の写真)。
 
 色々あるけど、これ全部、最低一回ずつは怪獣を一撃で粉砕してるんですよ!それにどれも超カッコイイ!いっつもスペシウム光線で計画的に敵を倒してるウルトラマンとは大違いだぜ!逆にぃ。こまめに色々な技を使って怪獣を倒すミラーマンの姿は、なんかリアルファイトっぽくてスゴク斬新。たまに「アッ」と言わせるような驚きの戦術も登場したりして、51話全部見ていても全く飽きない。そこにシビれる、憧れるゥ!逆にぃ。



 …というわけで、ここから何回かはミラーマンの話題でイキます。ウザイかもしれませんが、どうかご辛抱を(無茶)。なんなら、そこの貴方もDVDを見てみては?レンタル屋には無いと思うので、いざ、Amazonへレッツ・ゴー(さらに無茶)。

 あー、ちなみに「逆にぃ」はもう使いません。ぶっちゃけ面倒だし。見てる方もウザイと思うし。そういえば「生徒会の一存」もこの前最終回でしたね。そろそろ生徒会リスペクトは停止しようかと思います。…あ、でもたまに使うかも…。その時は無視して下さい!逆にぃ。

 では失敬。



 

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

海底軍艦

 kaitei300.jpg


 お久しぶりだねっ!今回は東宝の特撮映画「海底軍艦」を見たので、そのコトについて懇々と…。

 ストーリーの解説をするYO!
 かつて海底に沈んだ超帝国・「ムウ帝国」が、全世界を我が物とせんと、再び動き出した!何万年も海底で生きてたんだね~。わーすごいすごい(棒読み)。
 ムウ帝国は、住人が全員腰みの姿だったり、変な踊りをやってたりと、バカに偏った異民族観が満載の帝国なんだけど、実力はけっこうスゴイ。レーザーを放つ潜行艇とか、ビル街を一気に陥没させる技術とかを持つムウ帝国に、人類はなすすべが無い!
 しかし、人類側にも奥の手はあった!太平洋戦争末期あたりから、神宮寺大佐なる人が秘密裏に建造していた、「海底軍艦」(ポスター中央)!空、海、地上、地中、全て思いのままに疾走できるスゴイやつで、どう考えても「宇宙戦艦ヤマト」の元ネタ。これがあればムウに勝てる!勝てるぞぉ!しかし、神宮寺大佐は「これは大日本帝国再建のために造ったんだぜ!世界を救うためなんかに使えるかヴォケ!」と言い張って聞かない。あのなぁお前、ムウ帝国ほっといたら日本も滅ぶんだぞ?そんなんじゃ再建もナニもないでしょーが。アタマ~イケル?(古い)しかし、そんなカタブツ大佐も、自分の娘の涙とか、その娘とフラグが立ちかけている男の説教とかに負けたのだった。大佐、意志弱っ!
 んでもって、遂に海底軍艦出撃!一方、ムウ帝国側は、拉致してきた日本人に逆に皇帝(美人)を拉致されたりして、かなり調子悪い。っていうかどう考えてもアホ。しかし、海底軍艦に思わぬ敵が登場。ムウ帝国を守護する巨竜・マンダ(ポスター右下)が立ちはだかる!海中にて、海底軍艦とマンダの大決戦!
 
 「マンダの しめつける こうげき!」 「こうかは いまひとつのようだ」

 「海底軍艦の 10まんボルト!」 「こうかは ばつぐんだ!」

 「海底軍艦の ぜったいれいど!」 「いちげき ひっさつ!」

 「マンダは凍死した」

 …って、弱っ!マンダ弱ぁっ!!!戦闘時間、約2分ですよ!2分!ちなみに、戦闘描写はだいたいあってます。
 あとは、ムウ帝国心臓部に突入して、人間を「れいとうビーム」でガンガン凍らせて(鬼畜)、動力炉を爆破。皇帝が入水自殺(オイオイ)したところで、映画は終了。

 …なんか、ムウ帝国が可哀想になってくる映画ですケド、海底軍艦のデザインは文句なしにカッコイイので、それだけでも一見の価値はアリかと。とにかく、今すぐレンタル屋へ!個人的には大好きな映画なんで。では失敬。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

10019274490_20070912204000.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。